Hilary Hahn / In 27 Pieces: The Hilary Hahn Encores

PR

新譜のアナログはあまり追いかけていませんが、これは廃盤になりそうなので捕獲しておきました。

見開きジャケットの重量版2枚組。
重量版には興味がありませんが、製品として丁寧な作りで好感が持てます。

Hilary Hahn / In 27 Pieces: The Hilary Hahn Encores
DGG 00289 479 6664
DGG 00289 479 6664
この作品自体は2013年にCDで発売されています。
現代の作曲家26人にアンコールピースを委嘱、1曲は公募を行い、ヒラリー本人が選んだ作品が録音されています。
作品はヴァイオリンソナタで、ピアノはコリー・スマイスが担当。

それぞれ聞き覚えのある曲ではないので、○○との比較はできません。
LP2枚通して聴いてみると、いわゆる現代音楽の難しいイメージよりは、聴きやすい作品が多いと思いました。

ただ、何というか、それぞれの作曲家の顔よりも、ヒラリー・ハーンの演奏スタイルが勝ってしまっている印象を受けました。曲自体は面白いものもありますが、名曲集という感じではないですし、1つのアルバムとしてまとめるのは難しかったのだろうと想像します。

3年経過してアナログ化した真意は分かりませんが、レコード会社としてよりも、本人の思い入れがあるのかもしれませんね。