Maurizio Pollini / Chopin: Etudes

ポリーニを代表する録音の1つ。

練習曲という性格上、正確無比な演奏が求められます。その点においてこの演奏は、40年以上経った今でも金字塔のような作品でしょう。

Maurizio Pollini / Chopin: Etudes
DGG 2530 291

レコードは英盤と独盤。CDは日本盤と西独プレスを持っています。

CDのプレスの違いの方が音の差が大きく感じました。

DGGの西独プレスは優秀ですね。日本盤はリマスターが失敗しているのか、マスターが劣化したためか分かりませんが、比べるとがっかりします。

ふだんはショパンの作品も、ポリーニも好んでは聴きませんが、この作品はいろいろな意味で興味深いです。芸術家というよりは、アスリートのような演奏です。