Anne-Sophie Mutter / Mozart: Violin Concertos Nos. 3 & 5

若き日のムターとカラヤンによるモーツァルトヴァイオリン協奏曲。

Anne-Sophie Mutter / Mozart: Violin Concertos Nos .3 & 5
DGG 2531 049
DGG 2531 049

ムターは13歳でカラヤンに招かれベルリンフィルと共演、この作品は14歳の時の演奏です。年齢に関係なく、伸び伸びとした美しい演奏で、モーツァルトの世界観が良く出ていると思います。

上記独DGGがオリジナルですが、東独エテルナからも出ています。
ETERNA 827 621
ETERNA 827 621

青ラベルしかないと思います。
このエテルナ盤は、某国へ旅行に行ったときに購入しました。海外の実店舗で購入した初めてのクラシックレコードで、色々と思い出深いものがあります。

英語圏ではないため(英語は話せませんが)、コミュニケーションが全然取れなくて苦労した記憶があります。しかも店主は日本から仕入れたから安くしてやると言い出して微妙な気持ちになりました…。

オリジナルのDGG盤と比較すると、DGGの方が重厚な音で、ヴァイオリンの響きが美しいです。この作品に関してはエテルナは分が悪いです。