Arturo Benedetti Michelangeli / Art of Arturo Benedetti Michelangeli

PR

ミケランジェリはキャリアに対して、レコードのリリースは多くないと思います。本人が録音嫌いだったことが大きいです。

レーベルとしては、独DGGが一番多く、それらのレコードは今でもオリジナルも購入しやすいのですが、英DECCAやEMIの作品はステレオ初期の時代でもあり、高価な作品も幾つか存在します。

これは、伊EMI限定のミケランジェリのBOX LPです。

Arturo Benedetti Michelangeli / Art of Arturo Benedetti Michelangeli
EMI 3C-153-50104/06

3枚組です。
ライナーノーツも付属しますが、イタリア語なので読めません。
また、それぞれのオリジナル音源ですが、あまり情報が無くよくわかりませんね。

1枚目はバッハ、ブラームス、モーツァルト
この組合せは、伊EMIからのリリースである、QALP5345と同じなので、そちらからの引用だと思います。持っていなので比較はできません。
バッハは有名な1948年録音だと思います。QALP5345自体は60年代のリリースで、ステレオですが、疑似かと…。

2枚目は、ラヴェルとラフマニノフの協奏曲
これは有名なASD255からです。

3枚目は、ショパン、 スカルラッティ、ガルッピ。
これのオリジナルは、伊EMI QALP 10341だと思います。モノラルのはずですが…。

過去の作品をランダムに揃えたのではなく、既出のLP3枚を集めた物のようです。
ボックスLPの方はすべてステレオ表記です…。
音質は元の録音が古い&オリジナル盤ではないので、褒められるものではありませんが、入手しやすい&貴重な音源が多いという点では有りだと思います。