Irina Mejoueva / Kyoto Recital 2016 – Chopin Programme

精力的に録音活動もしているイリーナ・メジューエワの現時点では唯一のレコード。

Irina Mejoueva / Kyoto Recital 2016 – Chopin Programme
La Voce Kyoto AMT1003

メジューエワは、録音が多い割に、DENON時代の一部の作品を除き、ストリーミングサービスでは聴くことができません。
ハイレゾ音源もステレオサウンド企画のメジューエワ・プレイズ・ベーゼンドルファー1枚しかありませんので、未だにコツコツCDで購入しています。

参考: 【e-onkyo】DSD11.2MHz [ワンポイント] メジューエワ・プレイズ・ベーゼンドルファー

本作はタイトル通り、2016年に行われた京都リサイタルを収録したものです。

1925年製ニューヨーク・スタインウェイ CD135を使用し、96k/24bit録音されています。
個人的にはもっとハイレゾのリリースも期待したいところです。

デジタル録音のレコード化に意味はあるのか?
という疑問は常にありますが、こればかりはレコード次第なので聴くまで分かりません。

本作のCDとは若干収録曲が異なりますが、比較するとレコードのほうが良いなと思いました。

ピアノ作品の場合、弱音のニュアンスを求めるとSN面でレコードはどうしても不利になりますので、最新録音であればデジタルメディアのほうが有利に感じることも多いです。
これが弦だとレコードが圧勝することが多いのが不思議です。音色面で有利なのかもしれません。

本作は、打鍵の強度よりもしなやかで柔らかい質感においてレコードのほうが良いですね。

新譜のレコードは数量限定ですぐに廃盤になるのが常ですが、現時点ではまだタワレコで購入可能です。
参考: 【LPレコード】Kyoto Recital 2016 – Chopin Programme

コメント