John Barbirolli / Sibelius: Finlandia, Karelia Suite, Valse Triste

バルビローリ&ハレ管によるシベリウス。
比較的初期の作品としては入手性も高いレコードです。

John Barbirolli / Sibelius: Finlandia, Karelia Suite, Valse Triste
EMI ASD2272
asd2272

バルビローリはシベリウスの各交響曲もEMIに録音を残していますが、この作品を一番よく聴いています。

SACD化もされています。
タワレコでシベリウス全集のボックスも出ていましたが(TDSA-80)、今は廃盤。
参考: シベリウス: 交響曲全集(1-7番)、管弦楽曲集<タワーレコード限定>

上記ボックスは未所有ですが、ワーナーから出ているSACDは持っています。

初出のセミサークルのレコードと比較しても良くできているSACDだと思います。

シベリウス:交響詩「フィンランディア」
ユニバーサル ミュージック (e)
¥2,640(2020/07/06 17:32時点)

技術的にはレベルが高いとは言えませんが、シベリウスのひんやりとしたイメージとは異なり、雄大で力強く温かみのある演奏です。

コメント