Thomas Beecham / Lollipops

HMVの初期ステレオ作品。ワンポイント録音の高音質盤として有名な1枚ですね。

Thomas Beecham / Lollipops
HMV ASD259
asd259

このレコードは、嶋護氏が紹介していて興味を持ちました。

氏曰く、ステレオ初期のEMIは基本的にワンポイントで録られていたそうです。ワンポイント録音と謳っていないのは、それが同社のステレオ録音における唯一の方式だったからとのこと。

ワンポイントのメリットは、ホールトーン、空間の残響成分まで再現できることだと思います。反面、マルチマイク録音と比べると各楽器のディテールがあいまいになりやすい傾向があります。また、録音技師の力量やマイクの質、奏者の実力がより問われることになります。

このレコードは、ワンポイントの空気感はもちろんのこと、ディテールまで明瞭に収録されています。

これみよがしなオーディオファイル作品では無いです。それが当然のように納められていますが、冷静に聴いてみると凄い録音です。