Jacqueline Du Pre / Elgar: Cello Concerto

先日紹介したOriginal Classical LP Labels &?Pressingsを読んで聴きたくなった1枚です。

Jacqueline Du Pre / Elgar: Cello Concerto
EMI ASD655
EMI ASD655
英EMIのステレオレコードは、ASDから始まる型番でスタートします。ASD251から始まり途中から4ケタ型番になりますが、このレコード(ASD655)が最後の3桁になるようです。

そのレコードがオリジナルかどうかを確認する場合、通常はレーベル面を見ます。このデュプレのレコードで言えば、セミサークルが初版となります。
広義では、それで良いのですが、さらにジャケット面にもこだわる方がいます。

英DECCAの2000番台初期のブルーボーダー、独グラムフォンの赤ステシール等がその一例です。
僕の経験上、それらの初期ジャケット=初期マトリクスとはならないようです。コレクターやレコード屋側で、ジャケットと中身を入れ替えているのかもしれませんが、本当の意味での初版はマトリクスで判断するべきだと思います。

英EMIの場合は、金色のEMIシールが貼られています。
通常、初期のゴールドニッパーラベルのレコードに貼られているシールだと解釈していますが、このデュプレはシール付きが存在します。

例の本でもシール付きジャケットが紹介されていました。初版マトリクスは1G/2Gになるそうです(1/1は存在せず)。
asd655_2
思い入れのあるレコードに限り、マトリクスまでこだわっていますが、基本的にはレーベル面での初版までにしています。このレコードは、運よく早い段階でシール付きマト1/2に出会えました。

演奏、録音ともに素晴らしい内容だと思います。