Samson Francois / Chopin

フランソワによるショパンピアノ曲集。ステレオ盤ということで入手しました。
同内容の英EMI SAXや仏SAXF or CVB盤があるのか知りません。あっても確実に高価ですし、ラヴェルやドビュッシーほど思い入れが無いので良しとします。これは、英盤でいうと切手ニッパー相当です。

Samson Francois / Chopin
VSM C059-78046
c059-78046

フランソワの36枚組全集CDにおいては、おおよそ半分はショパンの演奏です。そこからもわかる通り、一般的にはショパン弾きなのでしょう。

彼を表現する際に、ファンタジーとポエジーという単語が良く登場しますが、この言葉は彼のためにあるだと思います。霊感が宿っている演奏です。