「 ネオアコ 」一覧

ネオアコのレコードを紹介します。80-90年代中心。

Man Upstairs

Man Upstairs

ネオアコ、というよりもポップスにおいて、一番好きなアーティストは選べませんが、一番好きな曲は、Man UpstairsのCountry Boyです。...

East Village (Episode Four)

East Village (Episode Four)

自分にとってのネオアコを語る上で外せないバンドの1つです。 曲単位で好きというよりも、その佇まいが好きな点では、Feltと同じです。違う点は、Flet...

Mondo Kane

Mondo Kane

Georgie Fameが参加したことでも有名なバンド。Mondo Kane2枚のリリースしか知りません。 どちらも7"と12"が有ります...

Tempest

Tempest

新年一発目なので、たまにはレア物でも。ひたすらCD/レコードを買い続けていると、たまに「オッ!」と声を出してしまうような出会いは誰でもあると思います。長...

Jonatha Brooke & The Story

Jonatha Brooke & The Story

これも、以前のブログで紹介した気がしますが、改めて載せておきます。90年代初頭から活動していたようですが、彼女たちの存在を知ったのはかなり後になってから...

Chelsea French

Chelsea French

夏っぽいジャケットって事で。 (1stアルバムだけですが)このChelsea(チェルシー)はフランスのバンドです。同名異バンドがたくさんいます...

Dolly Mixture

Dolly Mixture

ネオアコ女子モノで1組だけ選ぶとすれば、やはりDolly Mixtureです。パンクからネオアコへの橋渡しをしたバンドでもあり、以降の女子バンドは直接的...

Girls at Our Best! / Pleasure

Girls at Our Best! / Pleasure

全盛期は、Dolly Mixtureにも負けない値段で売られていました。Dolly Mixtureに人気が出るのは分かりますが、こちらはカルト的な人気はあったと...

Sullivans / Somewhere Songs

Sullivans / Somewhere Songs

ネオアコを熱心に集めていた頃の都市伝説として、幻の3枚のアルバムがありました。TempestとTwo Peopleに、このSullivansです。Tem...

Sophie and Peter Johnston

Sophie and Peter Johnston

このブログで紹介したレコードでは最も捨て値で売っている作品です。 1000円あれば、CDとLP両方買えます。Sophie and Peter John...