クラシックのタグ編集について

CDのリッピング、ハイレゾダウンロード時でも、タグ付けに困るのがクラシックです。
リッピング、タグ編集は、dBpowerampを使っています。

CDのリッピングはdBpowerampを使用しています。 現段階での設定をあらためて紹介しておきます。まず、dBpowerampの何が優れているかです...

タグ付けに正解はありません。使う人が快適ならそれで構いませんが、一貫した自分ルールを持つことが大事です。クラシック以外だと大きな問題にはなりませんが、クラシックだけはある程度ルールを統一しないと、枚数が増えた時の選曲に難儀します。

クラシックのタグ付けについて

あくまでも、これは僕のルールです。

1. ジャンル分け

CDのリッピングはClassicというフォルダに全て入れています。ハイレゾのダウンロードは、別にHigh Resフォルダに保存。その後、”アーティスト名_アルバム名”フォルダに曲を入れています。

ジャンルもSymphonyとかConcertoにはせず、全てClassicで統一。
これも好みですが、1枚のディスクの中に、異なる演奏形式が混ざると扱いが面倒なためこうしています。

2.基本原則

I. アーティスト名は英語フルネーム。

例)ミケランジェリ ⇒ Arturo Benedetti Michelangeli

II. 邦人の場合は名前と名字の間は全角スペース

例)武満徹 ⇒ 武満 徹

III. アルバム名は、作曲者: タイトル

この場合の作曲者はフルネームにしません。コロン: とタイトル名の間は半角スペース
例)チャイコフスキー 交響曲1番 ⇒ Tchaikovsky: Symphony No. 1
※No.と1の間も半角スペース

IV. 複数の名義で収録されている場合

アーティストが2人の場合は&で
例)フェラスとバルビゼ ⇒ Christian Ferras & Pierre Barbizet
例)ベートーヴェン交響曲5番、7番 ⇒ Beethoven: Symphonies Nos. 5 & 7

3人以上の場合は,で、最後だけ&で
例)カッチェン、スーク、シュタルケル ⇒ Julius Katchen, Josef Suk & Janos Starker

3. どの情報まで入力するか?

表示できる情報は、クライアントソフトや、DLNAサーバーの機能にも依存します。できるだけ必要な物のみ、最小限にした方が良いでしょう。

edit-id-tag

必ず入れている項目
Artist
Album Artist ※基本はArtistと同じ情報を入力、コンピの場合だけ扱いが異なる
Title
Album
Track
Year ※CD化された年ではなく、オリジナルが出た年で
Genre ※全てClassicで統一
Composer ※ここではフルネームで入れる

dBpoweramp側で勝手に引っ張ってくる情報もあります。ここでいうと、Label、Orchestra、Period等がそうです。楽団の名前くらいは入れた方が良いという方もいますが、割愛しています。

4. 形式毎のルール決め

I. 交響曲や管弦楽の場合

指揮者をアーティストにする。この場合のアーティスト名はフルネームで。

II. 協奏曲の場合

ピアノ協奏曲ならピアニスト、ヴァイオリン協奏曲であれば、ヴァイオリニストをアーティスト名にする。この場合もフルネームで。

III. ヴァイオリンソナタの場合

ヴァイオリニスト & ピアニストの順番で

IV. ピアノ3重奏の場合

ピアニスト, ヴァイオリスト & チェリストの順で

V. 弦楽四重奏の場合

四重奏団名で
例)ズスケ四重奏団 ⇒ Suske Quartet

団体名が無い場合は、
第1ヴァイオリスト, 第2ヴァイオリスト, ヴィオリスト & チェリストの順で

VI. オペラの場合

現時点でオペラ作品は多く所有していませんが、これが一番悩みます。
作品にもよりますが、複数の歌い手がいる場合、基本的にジャケットに表記されている順番で記載しています。

指揮者に統一する方法もありますが、良い方法が思い浮かびませんね。

5. コンピ盤の扱い

同じアルバム内で、別のアーティストの作品が有った場合はコンピとして扱うようにします。

V.A._Beethoven & Brahms Violin Sonatas
例えば、このCDの場合は、ベートーヴェンとブラームスで奏者が異なります。

v.a.

dBPowerampの場合は、リッピング時にCompilationのマークにチェックを入れれば、コンピとして扱われますが、ひと手間加えます。ネットワークプレーヤーは使っていないので不要な作業かもしれません。MPDクライアントソフトや、iTunesでは行った方が良いです。

edit-id-tag_va
Compilationsとしてリッピングした場合、このような状態になっています。忘れた場合でも、アルバム内の全曲を選択した状態でタグ編集に入り、+addで、Compilationsを選択し、1とすればコンピ扱いになります。

ただし、このままだと、アーティス名がVarious Artistsとして扱われてしまいます。
そこで、Album Artistの項目自体を削除します。

そうすると、iTunes上では、様々なアーティストとして表示されるようになります。
itunes_va

MPoD(MPaD)上では、Variousの項目に表示されます。
mpod_va

この投稿をシェアする

PR