CuBox 初期設定

一部文字化けしてしまいましたが、記録として一応残しておきます。

みみず工房さんのところで、新しいCuBoxのイメージが公開されています。こちらです。

CuBoxの良い点の1つに、eSATAが使える事があげられると思います。web上ではNAS派が多いらしく、eSATA接続時のやり方が情報としてあまり見つからず、Linux初心者の僕は苦労しました。自分用のメモとして新しいイメージファイルでの設定を残しておきます。さらりと書いていますが、結構大変でした。eSATAのHDDでCuBoxを使おうと思っている人に少しでも役立てば幸いです。なお、HDDはFAT32でフォーマットしています。

まず、イメージファイルをダウンロード後、解凍します。
Windowsでは、このファイルをそのままマイクロSDカードにコピーは出来ません。DD for Windowsというソフトを使います。

参考: DD for Windows

DD for Windows
ファイルをコピー後、CuBoxに挿入し、電源を立ち上げます。

CuBoxの諸設定は、遠隔で別PCから行います。僕は端末エミュレータにPuTTYを使用しています。他にもっと使いやすいエミュレータもあると思いますが、これに慣れてしまいました。
PuTTY

従来は、CuBoxのIPアドレスを調べて、打ち込む必要がありましたが、cubox.localで接続可能です。
PuTTY2

login:root
password:cubox
です。

以下、コマンドの羅列です。

【まず、初期設定編】

#HDDのマウント作業
[root@cubox ~]# fdisk -l
/dev/sda1??????????? 2048? 1953523711?? 976760832??? b? W95 FAT32
[root@cubox ~]# mkdir /mnt/esata
[root@cubox ~]# vi /etc/fstab
#最終行に以下を追加
/dev/sda1 /mnt/esata vfat user,rw,exec 0 0
[root@cubox ~]# ln -s /mnt/esata /var/lib/mpd/music
[root@cubox ~]# mount -t vfat /dev/sda1 /mnt/esata -o utf8
#データベースの更新
[root@cubox ~]# mpc update
#lighttpdのインストール(後述のMPoDでアートワークを出すための作業)
[root@cubox ~]# pacman -S lighttpd
[root@cubox ~]# ln -s /var/lib/mpd/music /srv/http/Music
[root@cubox ~]# systemctl enable lighttpd
#日本語、ラテン語などの文字化け対策
[root@cubox ~]# vi /etc/mpd.conf
#filesystem_charsetとid3v1_encodingをUTF-8からutf8に変更

【次にクライアントソフトの設定】
僕はメインでiPhoneのMPoDを使っています。他にWindowsのGMPCやMacのThereminも使っていますが、好みの問題だと思います。MPoDの良い所は、自分で用意したジャケット表示が出来る所です。

まず、ジャケットの画像をFolder.jpgという名前で、音源と同じフォルダに保存します。僕はWindowsのdBpowerampでリッピングを行っていますが、dBpowerampの場合は、自動でFolder.jpgで保存されます。

MPoDの設定画面はこんな感じです。
MPoD
Server: cubox.local Port: 6600
Local Cover Art: http://192.168.x.x(CuBoxのipアドレス)/Music/
Cover Filename: Folder.jpg

僕はAIFFでリッピングしていますが、日本語はそのままだと文字化けします。FAT32の文字コードと、AIFFの文字コードが一致しない事が原因のようですが、解決策が分かりません。そのため、日本語が絡む作品のみFLACでリッピングしています。
MPoD2
こんな感じです。

次回はチューニング編です。

この投稿をシェアする

PR

コメント

  1. periさん、はじめまして
    cuboxからみでこちらにたどりつきました。前の記事では
    レコード洗浄の話題でしたので、ファイル再生とアナログを
    やっている身としては、面白く読ませていただきました。
    クラシックの合間に百恵さんも聴かれるのですね。
    よろしくお願いします。

  2. peri より:

    横浜のvafanさま
    はじめまして。そちらのサイトは以前から拝見しております。僕もスピーカーは平行設置をしております。
    aitlaboは気になる存在です。DDCを使わずにUSBで接続できると、購入意欲が倍増するのですが…。
    僕はアナログメインで、デジタルはおまけです。CuBoxはまだACアダプターなので、まずはアナログ電源導入して、将来的にDSD対応DACを導入したいと思っています。
    山口百恵は、K2マスタリングの音が聴きたくて購入しました。今は分かりませんが、当時は日本で流通してなくて、香港のHMVで購入しました。
    こちらこそ今後もよろしくお願い致します。