Synology DS116の設定方法

前回の続きです。

思うことがあり、久しぶりにNASを導入しました。さんざんローカルHDDの方が音が良いと言ってただろ!と突っ込みが入りそうですが、今でも基本的にはローカル...

Synology DS116の設定方法

1. メニュー画面を立ち上げる

HDDを取り付け、電源を入れてwebブラウザにfind.synology.comと打ち込むと、NASを見つけて、そこからソフトのインストールが始まります。

NASのIPアドレスを調べる必要もありませんし、設定はかなり簡単な方だと思います。

HDDの取り付けや最初の立ち上げ方法などは他のサイトにお任せして、ここでは主に、Volumio2(MPD)再生のストレージとして使うことに関する情報だけ紹介します。


トップ画面です。シンプルで分かりやすいと思います。

2. IPアドレスの固定化

find.synology.comを毎回打ち込むのも面倒ですし、NASのIPは固定化した方が以後のトラブルも起こりにくいので。


コントロールパネル ⇒ ネットワーク ⇒ ネットワークインターフェース ⇒ LAN編集


任意のIPアドレスを設定します。以後、ブラウザにこのIPアドレスを打ち込めばメニュー画面にアクセスできます。

3. ファイルサービス有効化

I. 音源を保存するフォルダの作成


File Station ⇒ フォルダの作成です。フォルダ階層など各自任意で。

当方はMusicフォルダの中に、Classic、Pop、High Resという3構成です。
CD音源はクラシックフォルダと、それ以外をPopフォルダ、ハイレゾだけ別フォルダにしています。

次に必要なサービスだけを有効にします。

コントールパネル ⇒ ファイルサービス
MPDで再生する場合、Linux PCからNASへのアクセスはNFSだけあれば問題ありません。

ただし、CDをリッピングしたり、ハイレゾファイルのダウンロードなどは、別途PCが必要です。Windows PCからNASの共有フォルダにアクセスする場合は、SMBを有効にする必要があります。当方は、リッピングPCの内臓HDDをマスター音源とし、NASへコピーする時だけSMBを有効にしています。

デフォルトではDLNAサーバーや、iTunesサーバーも入っていません。今回は不要なので入れません。

II. NFSの権限の設定

これをしないと、Linux PCから音源が読み込みできません。


コントロールパネル ⇒ 共有フォルダ ⇒ 編集 ⇒ NFS権限 ⇒ NFSルールの編集

III. ラズパイ側からNFSでNASにマウントする

NASの設定とは関係ありませんが、流れとして紹介ておきます。

ラズパイはVolumio2を使っています。webブラウザからvolumio.localでアクセスし、ブラウザ上で設定できます。

設定 ⇒ マイミュージック ⇒ 新規ドライブを追加


設定はこんな感じです。

4. LED消灯、ファンの低速化、HDDの停止など

コントロールパネル ⇒ ハードウェアの電源 ⇒ 全般


電源ボタンの照明の明るさ調節です。当方は完全消灯しています。この状態だと、背面のLAN端子も光りません。

また、ファンも最低速に設定しています。

次に、HDDのスピンオフです。一定期間HDDにアクセスが無い場合に停止状態にする機能です。音楽を聴いていないときは極力無音にしたいですね。

コントロールパネル ⇒ ハードウェアの電源 ⇒ HDDハイバネーション


USB-HDDでつないでいた時は、ラズパイ側でスピンオフの設定をしていました。NAS側で簡単に設定できるので便利です。

この投稿をシェアする

PR