Synology DS720+を購入

思うことがありNASを新調しました。

本当はローカル派なのですが、TidalやQobuzを使うようになり、Luminアプリが使いたくてSynology DS116を以前導入しました。

Synology DS116を購入
思うことがあり、久しぶりにNASを導入しました。 さんざんローカルHDDの方が音が良いと言ってただろ!と突っ込みが入りそうですが、今でも基本的にはローカルHDDの方が音が良いという認識は変わりません。 Synology DS11...

今回はアップグレード?ということで、同じSynologyのDS720+を導入してみました。

Synology DS720+を購入

1. DS720+を選んだポイント

DS116はトラブルもなく元気に動いていましたが、HDDが1つしか入らない仕様であり、現在入れている8TBのHDDの容量が足りなくなりつつあるので、将来的に2ベイ以上に対応しているモデルであること

使用頻度が高くなったRoonのコアとしても一応対応できるNASであること

オーディオラックの背の高さの関係で今のNASと同じ高さが上限であること(1番重要)

リッピングやタグ編集を行っているPCをアップグレードした際に、RoonCoreとして使えるようにしました。
従来のUPnP再生と比べてRoonの音が遜色ないレベル(良いとは言っていない)になり、別の方法でRoonを再生したいと思うようになりました。

Roonが作った専用PC、Nucleusも聴く機会があったのですが、Intel NUCよりはかなり良いと思いますが、なんかピンと来ません。
DELAやFidataよりは良いと思いますが。

置き場所の問題もあり、NASとRoonCoreを両方置くのも面倒だなとか、UPnPを切り捨てるのも違うかなとか考えているうちに、最近のSynologyだとRoonCoreとしても動くことを知り、楽な方に流れてしまいました…。

2. DS720+の仕様

たぶん、下位モデルのDS220+でもRoonCoreとして動くと思います。

DS220+の方が有利なところは、電源アダプターが一般的な規格なので、アップグレードしやすいところでしょうか。
DS720+は4Pin端子なので、結構大変です。

DS720+の方がCPUとしては少し有利です。
サイズが少し小さい(これ重要)こと、メモリの増設ができる、SSDキャッシュが追加できるのが決め手となりました。

メモリは標準で2GB積んでいます。分解してみましたが、この2GBは取り外しできません。
追加メモリは同社の指定されている4GBを使えということになっていますが、無視して8GBを積んでいます。
純正メモリがDDR4-2666だったので同じタイプを選びました。特にこだわりは無いです。

2G+8Gで10GB仕様。

指定メモリじゃない云々の忠告メッセージが出ますが、一応10Gで認識しています。

SSDキャッシュはM.2 2280 NVMeタイプを使用します。SATAタイプは使えません。
2枚装着できるようになっています。1枚だと読み込みキャッシュのみ、2枚使うと読み込みのみ、読み込み&書込みキャッシュの設定ができます。

まだこの辺は把握していませんが、とりあえず500GBx2で読み書きキャッシュの設定としています。

特に何も考えず手頃なものを選びました。

キャッシュの恩恵を受けているのか正直わかりません。

あとはメモリとかノイズ対策にTDKのフレキシールド
PC系のノイズ対策にはよく効きます。導通ありのタイプもあるので注意してください。
参考: ノイズ抑制シート “フレキシールド” IFLシリーズ

筐体およびHDDの振動対策として、オトナシート、セルダンパー、レアルシルトを適材適所にて使用。

日本特殊塗料 防音一番オトナシート(5枚入り)
日本特殊塗料
¥2,912(2020/07/25 01:00時点)
臭いです。一度貼ったら剥がすの大変です

イノアック 騒音対策素材 セルダンパー 5X330X500mm BF150-53350
イノアックコーポレーション
¥2,466(2020/07/25 01:58時点)
シールではないので、両面テープが必要です

3. Roonは動くのか?

無事に動きました!

現在5000枚弱のアルバムがあり、そのうちの2000枚くらいはハイレゾ音源です。

音源の読み込みは思ったよりも早いです。

ただ、解析には3日位掛かっていました。
その後は差分だけなので追加音源に対してはスムーズですし、固まったりするようなこともなく挙動も安定しています。

ということで、次回以降、久しぶりにRoonについてまた取り上げてみたい思います。

コメント