Synology DS720+のプチ改良

Synology DS720+を導入したことは以前記事にしました。

メモリは8GBを追加して10GB仕様、SSDキャッシュは500GBx2枚で運用しています。
現状、Roonコア、MinimServer 2も入れて運用していますが特にストレスなく快適に動いています。

Synology DS720+を購入
メモリ増設、SSDキャッシュ可能なSynology 720+を導入しました。RoonCoreとしても使用可能です。

今回はソフトウェアではなくハードウェア的な?改良です。

Synology DS720+のプチ改良

1. ストレージをSSDに換装

手元にHDDは10台位転がっています。
最初は音質と静音性を比較するためのAB比較用として、そのうち容量が足りなくなり増量、また比較、増量…の繰り返しです。

オーディオ部屋は静かな部屋なので、HDDの回転音はどうしても気になります。
騒音対策はいろいろ工夫していますが、それでも無音にはなりません。

当方はNASを信頼していないので、マスター音源は別のPCに保管し、そこからFastCopyというソフトを使い、NASに同期させています。
マスター音源は東芝の16TB HDDを使用しています。ヘリウム充填タイプですが、やはりそれなりに音はします。

8TBのSSDが10万切ったら一度買ってみようと前々から考えていたので、Samsung 870 QVOが出た瞬間に注文しました。

写真はNASに装着するときのものです。
SSD MZ-77Q8T0B

Samsung 870 QVO 8TB SATA 2.5インチ 内蔵 SSD MZ-77Q8T0B/EC 国内正規保証品
日本サムスン
¥88,778(2021/05/11 22:16時点)
8TB SSDは超快適です

Roonを動かすときの反応速度は体感上、ほとんど変わりませんでした。
SSDキャッシュがかなり効いているかもしれません。

回転音がしないので当然無音ですが、今度はNASのファンの音が気になります…。
今まで気になっていた音はHDDの回転音+ファンの音だったのですね…。

2. 静音ファンに換装

SSDにしたことで、ファンの音がどうも気になります。
ファンを取り外すということも考えましたが、金属筐体ではないので放熱のことも考え静音ファンに換装しました。
be quiet!

ファンといえばメインのPCでも使用しているNoctua一択で考えていたのですが、うまく動きませんでした。
何故か数時間立つとファンが止まってしまい、警告が出ます。

3pin/4pinタイプどちらでも同じ結果で、減速ケーブルを使用しなくてもダメでした。

そこで、妥協して他社のファンを使用しています。

be quiet! 92mm ケースファン PURE WINGS 2 スタンダードモデル 3年保証 ブラック BL045
オウルテック
¥1,627(2021/05/11 22:16時点)
標準ファンよりかなり静かです

防振ブッシュも使っています。

これで、試聴位置から音は全く聞こえなくなりました。

3. 電源の交換

オーディオ的にはこれが一番効きました。
下が標準の電源なので、大きさがの違いが分かると思います。
FSP150-AHAN1

もともとPCの電源には瞬間的な電力供給に強いスイッチング電源派ですが、Synology DS720+の電源は一般的な2.1mm/2.5mmタイプではなく4PIN仕様です。

一部で定評のあるFSPのスイッチング電源12V/12.5Aがちょうど同じ4PIN仕様で、プラグを改造して2.1mm or 2.5mmに使っていました。
Synology DS720+はそのまま使えるので、新規で買い直して使っています。

DS720+を選んだ理由の1つでもあります。
当方は海外から直輸入しています。Amazonだと代替品かもしれません。

4. 総評

音源の量が少ない方は1枚プラッタのHDDとか、小容量のSSDという選択肢もあると思います。

DS72O+を使う上では、メモリの増量、SSDキャッシュは快適動作に大いに影響あります。
SSDキャッシュは頻繁に同じ音源を聴く人にとってはメリットが大きいです。

また、FSP電源はお勧めです。
以前のNASでは定評のあるアナログ電源やifiのスイッチング電源よりも良い結果でした。
このNASではアナログ電源試してません。

コメント