Ruggiero Ricci / Prokofiev: Violin Concertos Nos. 1 & 2

デッカの廉価版シリーズであるEclipseから1枚紹介します。

Ruggiero Ricci / Prokofiev: Violin Concertos Nos. 1 & 2
DECCA ECS746

Eclipseシリーズは70年代のリリースです。
基本的にSXLシリーズの再発を中心としていますが、一部のレコードはSXLにはない初出盤も存在するようです。

このレコードは58年の録音です。
モノラルはLXTで存在しますが、SXLはリリースされていません。
LONDON DECCAは存在しますので、ステレオの初出はそちらになると思います。

ルッジェーロ・リッチとアンセルメの録音で、これがSXL2000番台でリリースされていれば、相当高価なレコードになったと思います。

デッカの廉価版は初出を中心にいくつか持っていますが、音質は悪いと感じたことはあまりありませんが、この作品は今一つ盛り上がりませんでした。

TASの高音質リストにもノミネートされている作品なのですが…。

録音に鮮度が無いこともありますし、リッチの演奏も何かシックリきませんね。
SXLでリリースしなかった理由が何かあったのでは?と勘ぐってしまいます。

同作品であれば、チョン・キョンファとプレヴィンの方が好みですね。

コメント