Entech Noise Analyzerによる電源ノイズ測定

家庭の電源ノイズレベルを測定したいと思い、Entech Noise Analyzerを導入しました。

この手の測定器は色々なメーカーから出ていますが、日本国内で普通に売っているものは殆ど無いと思います。

少し前だと、英国ISOTEK社が自社の電源製品の優秀さを証明するためにMains Noise Analyserを使ったデモが有名ですね。

Isotek Mains Noise Analyser: demo en test

このMains Noise Analyserは価格が高いので個人で買うのは躊躇してしまうこと、実際に借りて自宅でテストした際にノイズ対策しているコンセントだと簡単に0(ノイズ無し)判定が出せてしまったため導入は見送りました。

そこで古い製品ですが、Entech Noise Analyzerを導入しました。

この製品の良いところは、感度調整ができる点です。
つまみを回すと感度が変わりノイズレベルが変わります。

絶対的なノイズ量を調べるというよりも、相対的な判断をするための製品です。

使い方は簡単です。
つまみを回し、ノイズレベルが100前後になるように調整します。

次に比較対象、例えばノイズフィルターや別のコンセント、機器の電源のON/OFFなどした時の数字の変化を確認します。

この製品に興味を持ったのは、米国のShunyata Researchがデモで使っていた記事を見たからです。
参考: Florida 2019: The Shunyata Research Noise Reduction Experiment

上記リンク先でも書かれている通り、Entechは既に廃業していますので、このテスターを新品で入手することはできないこと、それなりに古い製品なので、この測定結果の数字を全て鵜呑みにしないことは必要ですが、ある一定の評価基準にはなると思います。

Entech Noise Analyzerを使って電源ノイズを測定する

クリーン電源の類は使っていなので、ノイズフィルターの有無を実験してみました。

オーディオ機器に給電しているコンセントは全てノイズ対策済みのため、まったく関係ない部屋のコンセントを使って実験します。

まず、何もしていない状態でノイズの数字を100前後に合わせます。
通常の状態

サンワサプライ TAP-AD2N

普段はPC本体(非オーディオ用)、PC用ディスプレイなどに使用。
TAP-AD2N

ELECOM 電源タップ 雷サージ対応 KT-180

普段はスマホの充電器などに使用。サージ対策もできるので重宝します。
オーディオ以外の家電系にはこれを大量使用しています。
NF-module2

ELECOM 電源タップ 雷サージ対応 KT-180
エレコム
¥ 500(2019/09/17 01:07時点)
手軽にノイズフィルターと雷対策ができます。オーディオ以外の家電に大量に使うのが吉

Panasonic PLC用ノイズフィルター BL-PST15

普段はコードレス掃除機の充電器などに使用。
BL-PST15

TDKノイズフィルタ ANF-106

普段はTV、レコーダーなどのタップの大元、ルーターや電話機、冷蔵庫などに使用
ANF-106
かなり古い製品ですが、ヤフオクで安く売っています。
ヤフオクでANF-106を探す

コトヴェール ノイズ・雷サージプロテクタ SFU-005-3P

普段はラズパイなどのPCオーディオ関連のタップの大元、非オーディオ用PCのタップの大元、1F/2Fのトイレの電源などに使用
SFU-005-3P

コトヴェール ノイズ・雷サージプロテクタ SFU-005-3P
コトヴェール
¥ 9,680(2019/09/17 01:08時点)
オーディオ機器に使っても副作用が少なく性能的に一番安心できます

今回はTDKのノイズフィルターが一番良い結果でしたが、不思議なことに別のコンセントで実験するとTDKとコトヴェールが逆転します。他のフィルターはこの2つと比べるとやや悪い数字なのは同じです。

コトヴェールは3Pコンセントに刺すことができ、コモンモードノイズの対策できる点が非常に優秀だと思います。

特に、オーディオ機器でアースを落としている場合、専用アースでない場合はエアコン、洗濯機などのアースを共通しているケースが多いと思います。
そこでオーディオ以外の機器にコトヴェールを使う場合でも、オーディオシステムにそれなりの良い結果が出ました。

番外編 ifi iPurifier AC

某所で話題になっていたifiのiPurifier ACです。
測定したときはアースが無い2Pコンセントに、サンワサプライ TAP-AD2Nをかませています。
コトヴェールと同じ条件で実験しました。

この結果とは関係なく、聴感で判断して手放しました。

アクティブ系の商品はだいたいノイズの数字は上がる傾向にあるようです。
当方が実験したアイテムでアクティブでノイズが上がらなかった商品は1つしかありませんでした。

アイファイ・オーディオ AC電源用アクティブ・ノイズクリーナーアイ・ピュリフィアー・ACiFi-Audio iPurifier AC
iFiAudio アイファイ・オーディオ
¥ 17,280(2019/09/17 01:08時点)
測定上のノイズはあがりましたが、環境によっては音質向上する場合もあると思います

測定器のノイズの少なさ=音の良さではありません。

特にフィルター系は音楽の躍動感を失うリスクもありますので、当方はオーディオ機器以外に多用し、オーディオシステムはある程度厳選して使用しています。

ここには記載していませんが、ブレーカー回りや壁コンセントなどにも別のノイズ対策をしています。ファインメットやアモルメットなども使っています。

スピーカーがビンテージなので能率が高いことと、比較的近くに大型の放送局がある環境なので、当初は、無信号状態でアンプのボリュームを大きく回すとラジオの音がスピーカーから聴こえる現象がありました。

現在は色々なノイズ対策を施した結果、フルボリュームでスピーカーに耳を当てた状態でかすかに残留ノイズが聞こえる程度までノイズを抑えることができています。

ラジオの音は完全に消えました。

コメント