クラシック オリジナルレコード 東独 Etera編

以前、英・米のクラシックレーベル、ポーランドのMuzaを紹介しました。今回は東独Eternaです。DGGとかまとめてドイツ括りにしようと思っていたのですが、これだけで結構な種類があるので独立させることにしました。

名盤と呼ばれる作品は、再発を繰り返していますが、クラシックのレコードに限って言えば、オリジナルプレスより優れた再発は殆ど有りません。モノラルレコードには...
以前、英国のクラシックレーベルのラベルを紹介しましたが、今回は米国編です。僕は米国のレコードは集めていませんので、英国編とは温度差があるのはご了承く...
以前、英・米のクラシックレーベルの紹介をしました。次はドイツ編と思っていましたが、番外としてポーランドのMuzaを紹介しておきます。頭に"ク...

東独Eternaのラベルについて

僕は基本的にステレオのレコードしか買わないので、モノラルは省略します。
クラシックのレコードの場合、まず英国の作品に人気が集中します。今でもDECCAの2000番代、コロンビアSAXのブルーシルバー、EMIのゴールドニッパーなどは無条件で良い値段で取引されています。

それに比べると、エテルナの作品は一部を除き、今でも安価に入手できます。
東ドイツは共産圏だったため、外部に作品が流出していない事も大きな要因の1つでしょう。また、意外と知られていない事実として、上記英国メジャーレーベルと比べても、エテルナのカタログ数は上で、リリース枚数は圧倒的に多いのです。Eterna x xx xxxというメインの型番だけでも数千種類はあるらしいです。これも人気作品以外が安価で入手できる要因の1つになっているはずです。

録音、カッティング技術も優れており、他レーベルと同一作品がある場合、エテルナの方が良いケースも多々あります。

ちなみに、黒ラベルが初出だとしても、2版が黒ラベルエディションの場合もあれば、青ラベルの場合もあったりします。

V字ステレオ

V_stereo
モノラルのジャケットであるV字模様にステレオのロゴが入ります。日本のレコード屋ではVステと呼ぶことが多いです。825番代のレコードの1部に該当します。同じ型番でVステでは無いレコードはジャケット自体が異なる場合が多く、大抵はジャケだけで判断できます。
重量版で音質も良いですが、盤状態が良い物を探すのがなかなか大変です。Vステだけは無条件で、高値取引されています。

黒ラベル ステレオ

black_stereo
エテルナのステレオ作品は、他レーベルよりも遅く、60年代後半からと言われています。80年くらいまでこのラベルが有ります。

黒ラベル エディション

black_edition
続いて、Editionです。826番代後半でこれが初版になる作品が出てきます。知らないだけで825番代もあるかもしれませんが…。ちなみに、このレコード(825 873)では、これは2版で、初版は黒ラベルステレオになります。

メロディア/エテルナ

melodia_eterna
露メロディアとのダブルネーム。このタイプは、同内容の作品がメロディア単体から出ている場合も多いです。エテルナとしてはこのシリーズはこのジャケしかありません。

青ラベル ステレオ

826番代からも初出としても存在しますが、多くは827番代からです。
blue_stereo

青ラベル 上に文字

80年代半ばから後半にかけて存在します。
blue_stereo2

青ラベル エディション

これも80年代半ばより存在します。
blue_edition

DMM茶色

725番代のデジタル録音のラベルです。725番代初期はこの色が多い気がします。これも何色か存在します。
dmm1

DMMオレンジ

続いてオレンジ色に変わります。
dmm2