Franz Konwitschny / Beethoven: Symphony No. 7

PR

手元にあるレコードは825番台の黒ステです。重量フラット版。
このレコードは825 100番台にVステが存在しますが、高価というよりも全く見かけません。

僕はステレオ派です。

コンヴィチューニーのシリーズはこのジャケットで集めています。初版は見つからないので諦めていますが、次のミケランジェロジャケは避けたい、という感じです。

Franz Konwitschny / Beethoven: Symphony No. 7
ETERNA 825 416

コンヴィチュニーのベートーヴェンは古き良きスタイルです。

東独エテルナを代表する指揮者であり、ベートーヴェンは彼が得意とするところです。オケはゲヴァントハウス管弦楽。オケは熱気というか一体感があり、うなりのようなものを感じます。

初期のエテルナは適度なホールトーンに加えて、重厚感のある作品が多い気がします。盤の厚さも関係あるのでしょうか?

いつかVステと比べてみたいです。

コメント