Claudio Arrau / Beethoven: Piano Concerto No. 1

東独エテルナの初期作品。いわゆるVステですね。
このブログでVステのレコードを紹介するのは初めてです。

Claudio Arrau / Beethoven: Piano Concerto No. 1
ETERNA 825 542
eterna 825542
アラウはベートーヴェンのピアノソナタと協奏曲全集を何度か録音しています。これは、ハイティンク指揮の作品。

エテルナのレコードは、英国のメジャーレーベルと比べると、今でも比較的安価に入手が可能です。ズスケ関連など例外的に高価な作品もありますが、初期のVステだけは希少性の問題も有りなかなか入手できません。

ハイティンクとの録音は2回目の全集で、エテルナは連番で5枚全てVステが存在します。演奏はもう少し覇気が有っても良いかもしれませんが、年齢的にも全盛期の録音で細部まで丁寧な描写です。

オリジナルがフィリップスなので、Vステとしては入手し易い部類になります。フィリップス盤を所有していないので音質差は分かりません。エテルナオリジナル作品と比べると柔らかく、やや抜けが悪く感じます。元がフィリップスだからか、初期盤特有の盤の材質の影響でしょうか。