Karl Suske / Bach: Sonata and Partita No. 1

バッハの無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータという作品は、ヴァイオリン独奏を代表する作品だと思います。それこそ、ヴァイオリン奏者であれば、避けられない作品ではないでしょうか。

現時点で僕が最も愛聴しているのは、カール・ズスケです。

Karl Suske / Bach: Sonata and Partita No. 1
ETERNA 827 842
eterna 827 842
CDでは全曲収録されていますが、残念ながらLPは1番のみの収録です。エテルナ青盤でオリジナル。内容、録音ともに素晴らしいです。いろいろな意味で僕のリファレンスです。

他の評価の高い演奏と比較し、ズスケは非常に地味です。ただ、それは個の主張をせずに、作曲者の意図した表現に徹しているように感じます。色々と聴いても、結局ズスケに戻ってしまいます。

バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、そのどれを聴いてもそのように感じます。僕は無神論者ですが、ズスケの演奏は神の存在を感じます。悟りの境地に近い感覚です。