Graham Fellows

古い作品ばかり追いかけていると新譜を見逃しがちです。

Graham Fellows名義の2ndアルバムが出ていてびっくりしました。
まだ活動していたのですね。色々と驚きです。


1stアルバムであるLove at the Haciendaは無数にある彼の作品の中でも最高傑作であり、アルバムトータルとしてのクオリティーはネオアコ最高峰の1枚だと思っています。

彼はミュージシャンでありコメディアンでもあり、名義を色々と変えながら多くの作品をリリースしています。

2ndアルバムのタイトルはWeird Townです。
1stがボーナストラック付きでCD化された時もビックリですが、いずれ廃盤になると思いますので早めに入手をお勧めします。

ただ、1stアルバムのようなクオリティーではありません。よく言えば枯れた感じがあり、英国フォーク、トラッドの雰囲気が強くなりましたね。



Spotifyはともかく、TidalでCDクオリティーで聴けてしまうので一瞬悩みましたが、物理メディアも入手しました。

オマケです。

手持ちの変名作品。
Brian Appleton, Jilted John, John Shuttleworth, Julie and Gordon, Going Red, Gordon The Moron, etc.
コンプリートする気は無いですが、どのくらいの数が出ているのか全く把握できません。

オフィシャルHP: Graham Fellows

コメント