Sergiu Luca / Bach: Sonatas & Partitas for Solo Violin

セルジウ・ルカによるバッハの無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ全集です。

77年の録音、今でこそ古楽器を使ったバッハの作品は多数ありますが、その先駆けといってもよいと思います。

Sergiu Luca / Bach: Sonatas & Partitas for Solo Violin
Nonesuch HC-73030
NONESUCH HC-73030

1669年製のアマティを使用。米Nonesuchは優秀億音の多いレーベルですね。
この作品も非常に地味ながら丁寧な録音です。

ふだんはモダンの作品を好んで聴いていますので、最初にこのレコードを聴いたときはずいぶん地味だなと感じました。全集を通しで聴いていると、耳が馴染んだのか、2枚目後半あたりからその世界観に引き込まれるような感覚になりました。

当時の楽器を使い、当時の演奏スタイルを模索し、今に再現するというスタイルは1つのアプローチとしては正しいようにも感じますが、それでもモダンの演奏の方に魅力を感じます。

現在の世界にバッハが生きていたとしたら、どちらのスタイルを選択するだろうか?
とぼんやり考えることがあります。