Jacqueline Du Pre & Stephen Bishop / Beethoven: Cello Sonatas

デュプレのレコードは協奏曲が多く、室内楽は少ないですね。

ベートーヴェンのチェロソナタを紹介します。
ピアノは、いつものバレンボイムではなく、スティーヴン・ビショップです。アルゲリッチの夫です。

Jacqueline Du Pre & Stephen Bishop / Beethoven: Cello Sonatas Nos. 3, 5, 2
EMI HQS1029

HQSシリーズもASDのように複雑で、初版のラベルが何色か判断し難い部分が結構あります。このレコードは、黒ラベルが初出です。2版が小豆色(黒ニッパー)、3版が小豆色(小豆ニッパー)と続きます。
このシリーズは積極的にコレクションしてませんが、そのうち気が向いたらラベルの紹介もしたいと思います。

デュプレとビショップは録音当時、婚約していたそうですが、直後に破談になったそうです。当初はチェロソナタ全集を録音する予定が、この1枚で終わってしまいました。
そのため、プレス枚数が少ない作品です。

協奏曲の彼女のイメージよりも落ち着いた聴かせる演奏ですが、一本芯があるというか、静かな情熱を感じます。

その後、バレンボイムとのチェロソナタを録音。2人は結婚したのは周知のとおりです。