Daniel Adni / Ravel

全く知らないピアニストです。
Ravelのピアノ曲が好きで、中でも水の戯れ、逝ける王女のためのパヴァーヌなどの定番が入っているレコードはついつい捕獲しています。

Daniel Adni / Ravel
EMI HQS1336
HQS1336
ダニエル・アドニはイスラエルのピアニストで、まだ健在だと思います。パリ音楽院でヴラド・ペルルミュテールに師事していたそうです。
ペルルミュテールは、ラヴェル本人から直接教え込まれたラヴェル弾きです。

いわばラヴェルの孫弟子ですね。70年代には来日もしていたようです。若い時はある程度期待されていたのか、録音で見かけるのはこの時代の作品が多いです。

このレコードは、ゆっくりと丁寧に演奏している反面、最後まで引っかからない(印象に残らない)感じですね。
同録音で最初に興味を持ったのが、サンソン・フランソワだったので、余計にそうなのかもしれません。

気が向いたらEMIのHQSシリーズのラベルもまとめたいと思います。

コメント