Raspberry Pi 2 Model B with I2S DAC

raspberry_i2s
タイトルの通り、ラズパイとI2S DACを導入しました。
I2Sを聴くとUSBには戻れないという話をよく耳にします。

各メーカーのUSB DACを比較した場合、S/PDIFとは異なり、メーカー間でかなりのクオリティ差があります。PCでの再生をメインで考えているメーカーと、とりあえずオマケで付けているところではかなり印象が違います。

少し前だと、Goldmundや、Esoteric、Chord社のUSBは良い印象がありません。ちょっとしたD/Dコンバーター経由でS/PDIF接続した方が幸せになれると思います。

ストレージを除くと、ラズパイ本体とDACで1万ちょっとです。繋いでいる電源の方が高い位です。合わせて数万円のセットから出てくる音としては、確かに素晴らしいですね。

現状はCuBoxでUSB DACを繋いでいた時よりも手放しで良いとは言えませんが、十分検討しています。驚異のコストパフォーマンスです。

まだ、ケースにも入れていませんし、OSの選定や、HDDのファイルシステムなどの検討段階ですので、あくまでも暫定の状態ですが、遊び甲斐がありそうです。

この投稿をシェアする

PR