レコード内袋(インナースリーブ)

レコードは超音波クリーナーを使って洗っています。

超音波レコードクリーナーとバキューム式クリーナー
レコード洗浄機の比較。トークシステム(ベルドリーム)の超音波タイプとVPI、Hannl(ハンル)のバキューム式クリーニングマシンと比較した感想。

今回はレコードの内袋についてです。
オリジナルの内袋

僕は、国内盤のレコードで(CDでも)帯無しだったら買わないか、後で帯付に買い替えるこだわりはありますが、内袋についてはオリジナルのこだわりは全く有りません。

上記DECCAやEMIの内袋でも同様です。ただ、この辺は捨てずに、保管はしています。

新品、中古を問わず、買ったレコードは必ずクリーニングした上で新しい内袋に入れ替えています。新品のレコードの場合でも、盤に付いている剥離剤が悪さをする場合が多いので、盤に付いていれば内袋にも付いている可能性は高いからです。

レコード内袋(インナースリーブ)について考えてみる

大きく分けると、透明のナイロン系、紙系に分かれると思います。中には紙の中にナイロンが入っている物も有ります。EPでは、内袋無しで、直接入っている物も多いですね。

まず、透明のナイロンですが、僕は使いません。

標準でこれが付いていた場合は速攻廃棄しています。静電気が起きやすい(帯電防止タイプも中には存在します)、通気性が無いのでカビが発生し易い、そして致命的な欠点が所謂ビニ焼けです。古いレコードではよく見かけますが、化学反応を起こして、内袋と盤がくっ付いてしまう症状です。こうなってしまうと、クリーニングしても取れません。DECCAやEMIのレコードの場合でも、オリジナルの内袋は、紙の中にナイロンが入っているため、ビニ焼けを起こしてしまうケースが有ります。

次に紙系です。

紙系の場合、静電気や通気性の面では有利ですが、盤に傷を付け易いという欠点もあります。これを改善するために、内部がツルツルとした光沢のあるタイプもあります。価格も考えると一般的にはこれが良いと思います。

高級品として、グラシン紙の内袋が有ります。グラシン紙は、静電気に強く、吸湿性があるためカビにも強いメリットが有ります。欠点は価格が高いということです。コストを考えなければ、アンダンテラルゴの内袋が一番良いと思います。

この内袋は、2重構造で内側がグラシン紙、外側が上質紙です。本当は全部これを使いたいですが、なかなか良い値段なので…。

それでも500枚はこれに入れています。

次点として、2重になっていない、グラシン紙のみの内袋を紹介します。

リンク元に盤を入れた画像が掲載されていますが、画像の通り、スケスケです。グラシン紙は非常に薄いので仕方がないですね。この値段なら有りだと思います。これも何セットか使っていますが、薄くて破れた経験は有りません。ただ、室内の照明などの明かりであっても、光があたる環境だと良くないかもしれません。

マルゲリータの内袋がどれだけ薄いか分かると思います。
レコード内袋2

僕はレコードを入れた内袋をジャケットには入れずに、ジャケットの外に出した状態で外袋に収納、保管しています。

外袋についても書いています。

レコード外袋(アウタースリーブ)
レコード外袋(アウタースリーブ)についての考察。フチ無し外袋で収納時の見栄えをスッキリさせてみました。

コメント