インサイドフォースキャンセラー

理想的なアナログプレーヤーは人によって様々だと思います。
リジット/フローティング、ダイレクト/ベルト/リムドライブ、アームのスタティック/ダイナミック方式等‥。

僕の環境は、リジット、ベルト(糸)、スタティック(ワンポイントアーム)です。
今回はトラッキングエラーのあるアームでは避けられない、インサイドフォースについて考えてみたいと思います。

インサイドフォースキャンセラーについての考察

inside force canceller
写真では分かり難いかもしれませんが、このメルクというトーンアームのキャンセラーは板バネとワイヤー構造です。目盛りはありませんので、聴感上で設定するしかありません。

インサイドーフォースとは、カートリッジがレコードの回転方向に引っ張られると、アームは内側にオフセットしているため、結果的にアームが内側に引きずり込まれる力です。

インサイドフォースキャンセラーについては、諸説あり、不要という方もいれば、溝の切っていない盤で動かないように、という方もいます。キャンセラーにメモリが有れば、カートリッジの針圧未満で設定するのが一般的でしょうか。

アナログに詳しい諸先輩方や、メーカーの方に尋ねても回答はマチマチですが、僕の考えとほぼ同じ意見がネット上にあったので紹介しておきます。

引用すると、

ここでハッキリさせたい事はこのインサイドフォースは針に掛かる力であってアームに掛かる力ではないということです。それに対してインサイドフォースキャンセラーという機能はアームを外側に引っ張る機能です。つまりインサイドフォースがかかる針に糸でもつけて外側に引っ張る機構ならキャンセルと言えなくもありませんがアームを引っ張っている機構ではキャンセルなどしていません。それどころか針は内側に引っ張られアームは外側に引っ張られる・・・つまり引っ張り合いをしている結果、カンチレバー(針のついた棒)の付け根(ダンパー部)には負担がかかります。たまにカンチレバーが内側に曲ったまま(内側の方向を向いたまま)になったカートリッジを見かけますがこれはインサイドフォースキャンセラーのかけ過ぎが原因と考えられます。

参考: インサイドフォースキャンセラーはインサイドフォースをキャンセルしていない

溝を切っていないレコードに針を下した場合、トラッキングエラーのある一般的なアームの場合は内周方向に移動するのが正しいと思っています。ここでアームがピタッと止まる場合だと、インサイドフォースキャンセラーが掛かり過ぎています。

スタイラスの動きに対して、インサイドフォースキャンセラーはトーンアームに掛ける力です。止まっている状態の場合、カンチレバーに負担がかかり過ぎて、結果として針が内周に曲がる現象が起きます。

中古のカートリッジで針先が内周に曲がっている物をよく見かけますが、多くの場合はインサイドフォースキャンセラーのかけ過ぎではないかと思います。

ただし、リニアトラッキングアームであれば、当然、無溝盤でもピタッと止まります。この場合はトラッキングエラーが生じないので、インサイドフォース自体が発生しません。当然、キャンセラーの機構を持たないので考える必要はありません。

SL1200 アーム
これは、ネットから拝借しました。ポピュラーな某SL1200ですが、このようにインサイドフォースキャンセラーにメモリがある場合は、カートリッジの針圧の半分以下にするのが妥当ではないかと思います。
例えば、針圧2.0gなら、目盛りは1以下という感じです。

目盛りが無い場合はどうすればよいのか?

録音レベルの高い、いわゆる歪っぽいレコードがあれば、歪が左右どちらも均一になるように調整するのが良いと思います。
クラシックだとピアノが分かりやすいです。中高音でチェックします。

また、インサイドフォース自体が、トラッキングエラーに起因します。
オフセット角の大きさと、インサイドフォースは比例します。インサイドフォース調整用の無音溝がレコードの真ん中あたりに設けられているのは、トラッキングエラーが一番大きくなる地点だからです。

アームによっては、キャンセラーの構造を持たないモデルも存在しますし、アームに余計な力を加えていますので、感度が悪くなる弊害もあります。

実際のところ、プレーヤーの水平、オーバーハングの調整、高さ、針圧、アジマス調整の方が、インサイドフォースキャンセラーの設定よりも音に大きく作用します。

僕は弱めに掛けていますが、極論を言えばキャンセラーは無しでも良いと思っています。

無音溝のあるテストレコードも一応紹介しておきます。
当方はこれのver,1を所有しています。

周波数レコード/オーディオチェックディスク ver,2
東洋化成
¥ 3,240(2018/09/16 14:40時点)

コメント

  1. 通りすがりですが、引用元の理論は間違いですよ。針に掛かっている力はレコードの摩擦によるものなので溝に対して接線方向です。
    こういう風にイメージしてみてください。
    レコードの針を指でつまんで溝の方向に引っ張るとどうでしょう。アームの軸が向かって左(レコードの内周より)にあるので、真っ直ぐになろうとしてアームは左(レコードの内周より)に行きたがるはずです。これがインサイドフォースなので、キャンセルするにはアームを外側に引っ張るのが正しいのです。

  2. さとう様

    内側に針が引っ張られていて、それをキャンセルするために外側にアームを引っ張っているという点は間違いではないと思います。

    >レコードの針を指でつまんで溝の方向に引っ張るとどうでしょう。
    針に力を加わえて、それに伴いアームが引っ張れれている点は同じですよね。それをキャンセルするのがアームである限り、ダンパーが引っ張り合いをされることは事実だと思いますが。

  3. お返事ありがとうございます。
    いえ…そもそも針は内側に引っ張られないんですよ。レコードとの摩擦によって針が引っ張られるのは溝の接線方向です。
    そっちに針が引っ張られると、アームが内側に行こうとするんですね。

  4. さとう様

    アームが内側に行くのが起点で、それにより針が動くのなら正しくキャンセルしていることになりますが、針が起点となる限り、その針に直接キャンセルできない以上、ダンパーに負担がかかることは免れないのではないでしょうか。

    ダンパーから見て、盤をトレースする針と、アームのキャンセラーにより引っ張り合いが起こるという点は変わらないと思います。

  5. カンチレバーの先端針はレコードの溝の接線方向に引っ張られるがカンチレバーの根元のダンパーはアーム回転軸の方向に引っ張られる。それゆえインサイドフォースが発生する訳です。キャンセラーをかけないとカンチレバーはカートリッジ正面から見て右に傾くはず。

  6. 初めまして、結局のところ某SL-1200では針圧2.0?の時、目盛はどこにすれば良いのでしょう?

  7. ララ様

    オーバーハングや高さ調整と異なり、キャンセラーの値は的確な数字を求めるのは難しいです。本来は音を聞きながら針圧とセットで調整しますが、面倒な場合は1-1.5g位にするのが妥当だと思います。

    2.0g以上にすると、カンチレバーに負担がかかり過ぎてが内周方向に曲がりやすくなります。

  8. お返事いただき有難うございます。
    2.0g以下で鳴らすようにします。

  9. 度々お邪魔します、TON2です。
    大幅な遅レスですみません。

    今まで教えられている通りで何の疑問も持たずにインサイドフォースキャンセラーを設定していました。この項を読んで考えさせられました。
    引用された箇所も解りやすく、納得です。現に不要なカートリッジを売った時、カンチレバーが曲がっていて減額されたこともあります。
    今は、おっしゃる通り、1.7gの針圧で1.0に設定しています。音がおかしくなったりもしていません。いろいろ聞き比べて、もう少し下げてみようか、とも思っています。

    勝手に利用して申し訳ないのですが、Phile-Webというオーディオのサイトに昨日、インサイドフォースの件をテーマにした人がいましたので、他サイトから引用されていた「ここではっきりさせたい事 〜 と考えられます。」の部分を使わせて頂きました。事後報告ですみません。

  10. TON2さま

    トレースする針先(スタイラス)に掛かる力が接線方向のみと仮定し、それによりアームが内周に動くから、キャンセラーでアームを外周に引っ張るという主張に対して。

    この場合でもダンパーから見た場合、トレースしている針先と、外側にアームを引っ張るキャンセラー双方から引っ張られている事は事実だと考えています。

    オフセット型のアーム自体が不完全なものですので、その中で最適解を各自見つければよいと思います。

    インサイドフォースと針圧を調整するためのLPも持っていますので、機会があればこの考察の続編も紹介します。

  11. 上から見たとして…針先は、ダンパーから見てカンチレバーの方向に真っ直ぐ引っ張られるんです。レコードの円週方向ではありません。ここを見誤ると針先がレコードの内周方向に引っ張られるように思えますが、それは間違いです。

  12. 匿名さま

    針先がカンチレバーの方向に真っ直ぐ引っ張られると仮定しても、インサイドフォースキャンセラーが、その力に直接作用できないのは同じですよね。
    キャンセラー自体は外周方向に働くと思うのですが…。

    この議論はこれ以上意味がない気がします。

    当方が言いたいのは、インサイドフォースキャンセラー自体が、スタイラス、カンチレバーにかかる力に直接作用していないということです。
    スタイラスに掛かる力が接線方向でも内周方向でも、キャンセラー自体はアームに掛かる力である限り、完全にキャンセルできないという趣旨でこの投稿をしました。

    以上を踏まえて、適切なキャンセラーの値はどうなのか、という話に発展すると良かったのですが…。