David Oistrach / Tchaikovsky: Violin Concerto, Op.35

東独エテルナのレコードは、820 001からスタートしますが、その前にLPMではじまる4ケタ台のレコードも幾つか存在します。
これはその中の1つ。

David Oistrach / Tchaikovsky: Violin Concerto, Op.35
ETERNA LPM1014
LPV1014
1954年のレコードです。当然モノラル。

当方はキチンとしたモノラル再生環境を持っていないので、ステレオとモノが存在するレコードは必ずステレオを買っています。モノしかない音源のみ、少しだけモノラルレコードも聴きます。

クラシックに興味を持ち始めた当初、何となく将来的に没頭するだろうなという予感がありました。モノラルに関しては、当時のクラシックに対するイメージと同様、そのうちこちらに傾倒しそうな気がしています。

経済的な面もありますので、極力、そちらの世界には足を踏み入れたくないのですが…。

LPMのシリーズに関してはちゃんと理解していません。
僕のレコードラベルはLPVと書かれた白いラベルです。他にも、820番台に存在する緑のラベルも存在するようです。

エテルナと言うと薄いレコードをイメージしますが、このレコードは相当分厚いです。一般的な重量版と言われる作品よりも厚いですね。音質は特別なものはありませんが(ステレオ環境での再生)、この演奏を聴いてはじめてチャイコフスキーのVn協奏曲が素晴らしいと思いました。グイグイと聴き手を引き寄せる魅力のある作品ですね。指揮はコンヴィチュニー。

オイストラフは、英DECCAの初期ステレオ盤など高価な作品もありますが、このエテルナ盤を含め、安価に入手できる作品も多く存在します。