MPoDのためのタグ編集方法

クライアントソフトでは最も快適なMPoD

僕がLinuxを使う理由として、音質は重要な要素ですが、最大の理由は操作性の良さです。PCオーディオは利便性ありきだと思っていますので、どんなに音が良くても操作性は犠牲にできません。

Linnのkinskyに代表されるDLNAクライアントソフト、iTunesリモート等と比較し、MPoDの操作性はワンランク上です。これに慣れてしまうと、他のソフトは不便で使う気が起きません。

優れている点を簡単に言うと、まずレスポンスの良さ、直感的な使いやすさ、WAVも含めてタグ情報をきちんと表示できる事。音源を保管する階層を無視して、きちんとアーティスト、アルバム順で全てのデーターが欠落なく表示できること、複数のNASと外付けHDDを横断して一括で表示ができること等が挙げられます。

MPDクライアントソフトも数多くの種類が有りますが、MPoDが抜き出ています。個人的にはMPaDよりも完成度が高いと思っています。

どのクライアントソフトにも言えることですが、表示には独自の法則性が有ります。例えば、ABC順で並べた場合にThe BeatlesをBの欄に表示するか、Tの欄に表示するか。コンピレーション作品のアーティストを表示させるか否か等です。

ここでは、MPoD(MPaD)のためのタグ編集について書きたいと思います。
リッピング、タグ編集はdBpowerampを使っています。
dBpowerampはWindows専用です。

僕の環境を簡単に書いておくと、タワー型PCでOSはCドライブ:SSD、データ保存用にDドライブ:HDDとしています。OSはWin8.1です。Dドライブの音源をマスターとし、外付けHDDにコピーしたものをLinuxにeSATAでマウントしています。

DドライブはNTFS、外付けHDDはext4です。
ファイルシステムが異なるため、コピーする時点で一部のタグ情報が文字化けする現象が起こりえます。それを防ぐために、Linux側の文字コードをutf8にしています。ただし、AIFFやMPA4などのアップル系のファイルの場合、独自の文字コードを使用しているため、僕の環境では日本語やラテン語などで文字化けを起こしてしまいます。日本語が絡む作品のみ、WAVでリッピングするようにしています。dBpowerampと、MPoDの組み合わせにおいては、WAVでもタグ情報は表示可能です。

MPoD(MPaD)の表示原則について

ABC順で表示する場合、
数字、アルファベットの順となり、大文字は小文字より優先されます。
例えば、”Abc”と、”AZ”というアーティストがいた場合、AZが上に表示されることになります。dBpowerampは、大文字小文字の変換が簡単に出来ますので、僕は頭文字のみ大文字で統一しています。

また、日本語は、Aの最後(Bの頭)に表示されます。日本語は、ひらがな→カタカナ→漢字の順です。
Theが付いた場合は、Tのところに表示されます。そのため、僕は全てTheは削除しています。
コンピレーション作品は、アーティスト順の場合は”Various”として表示されます。

次に、カバーアートについてです。

MPoDの場合、音源があるフォルダ内にアートワークのファイルが無いとカバーアートは表示されません。dBpowerampでリッピングする場合、デフォルトでFolder.jpgという名前で音楽ファイルと同じ場所に保管されます。ファイル名の小文字大文字も識別されます。例えば、folder.jpgや、Folder.jpegでもカバーアートは表示されません。

ここを注意すれば、大半の作品のカバーアートは表示されるはずですが、それでも表示されないケースが有ります。

カバーアートが表示されない場合の対処方法についてです。
dBpowerampがインストールされていると、タグ編集が可能になります。カバーアートが表示されないアルバムの全曲を選択し、右クリックでプロパティを開くとタグ編集ができます。
dB_tag
dBpowerampでリッピングすると、ArtistとAlbum Artistという2つの項目があることが分かります。この表示名が異なるとアートワークは表示されません。例えば大文字小文字や、半角全角スペースの違いだけでも表示されません。面倒な場合はAlbum Artistの項目を削除しても良いと思います。

また、dBpoweramp以外でリッピングした作品(ダウンロード含む)の場合、上記方法でタグ編集を行っても内容が反映されない場合が有ります。理由は分かりません。その場合、右クリックでCovert Toを選んでコンバートします。本来、FLACをWAVに変換したりするためのソフトですが、元のファイルと同じものを選択し、ファイルの変換は行いません。これを行うことによって、タグ情報が反映されるようになる場合があります。

全てのタグ情報、アートワークがきちんと表示されると気持ちが良いものです。僕の環境では、現在はジャケ無し以外は全て表示出来ています。

この投稿をシェアする

PR