オリジナルレコード 波 Muza編

以前、英・米のクラシックレーベルの紹介をしました。次はドイツ編と思っていましたが、番外としてポーランドのMuzaを紹介しておきます。

名盤と呼ばれる作品は、再発を繰り返していますが、クラシックのレコードに限って言えば、オリジナルプレスより優れた再発は殆ど有りません。モノラルレコードには...
以前、英国のクラシックレーベルのラベルを紹介しましたが、今回は米国編です。僕は米国のレコードは集めていませんので、英国編とは温度差があるのはご了承く...

頭に”クラシック”を外したのは、Muzaの場合、クラシックもジャズもポピュラーもひとまとめになっているからです。英DECCAであれば、クラシックとポピュラーであればラベルも型番も完全に異なりますが、Muzaの場合は区別できません。

僕は元々ジャズの作品から同レーベルに興味を持ちました。

波レーベル Muzaのラベルについて

国内のサイトで、Muzaのラベルについて言及しているものを見かけたことが有りません。コレクターが多いとは思えませんが、自分の経験上のデータを載せておきます。

青ラベル

blue label
ステレオ/モノに関わらず、青ラベルであれば、初版と考えて良いです。後はマトリクスだけですね。ウィキペディアによると、同社は1956年に設立されたようです。70年代の半ばくらいまでは青ラベルが存在すると思います。

黒ラベル

black label
続いて、黒ラベルに銀文字になります。70年代中期以降の作品にてこの仕様が初版になるレコードがあります。

赤ラベル

red label
赤ラベルは、銀文字、黒文字が存在します。それぞれ70年代中盤以降の作品に該当します。
銀文字の方が古い作品になるようですが、同作品で銀文字、黒文字両方が存在するレコードがあるのかは分かりません。
また、その後にオレンジラベルも存在します。

白ラベル

white label
白ラベルが初版になるのは、は80年以降の作品だと思います。これ以降は、ロゴの異なるデザインの作品が幾つかありますが、それは割愛します。

次は東ドイツ エテルナ編です。

以前、英・米のクラシックレーベル、ポーランドのMuzaを紹介しました。今回は東独Eternaです。DGGとかまとめてドイツ括りにしようと思っていたのですが、これ...