Newcolours

僕の中では常に上位に位置するネオアコバンドです。
特に目新しい情報は無いです。
※ネオアコの新規発掘はやっていないので、今後も大したネタは期待しないでください。

Newcolours
Newcolours名義では、アルバム2枚(Be Serious!, Mcmlxxxix / At Home)、シングル1枚(Be Smart!)、Unwanted名義でアルバム1枚(Striking Back!)をリリースしています。

CDが再発されるまでは、アルバム2枚はそこそこレアでした。Fat and Frantic等と同じで、LPよりもCDの方が入手難のバンドです。特に彼らの2ndアルバムはネオアコ最難関の1枚です。再発されているので今更感はありますが、過去に2回しか見かけたことがありません。Unwantedのオリジナルよりも遥かにレアです。
僕も2ndは再発で我慢しています。

Gangway(デンマーク)にもあてはまりますが、非英国バンド(ドイツ)特有のグルーブ感があり、アップ/スローどちらのテンポでも曲の完成度が高く、アルバム1枚通して隙が有りません。ショボイ曲を見つける方が難しい位です。
以前紹介した同じドイツ産バンドのsheetsとは格が違います。

彼らで1曲選ぶと、1stアルバム収録の”Splinter In My Heart”です。この曲はLPには未収でCDのみに入っています。CDの方が人気があるのはそのためだと思います。