PayPalの為替手数料について

海外からレコードを購入する時に、PayPalは欠かせません。
特にeBayでは必須です。

PayPalは買い手保護制度がありますので、購入したけど商品が届かない、違うものが届いた、壊れていた等のトラブル時に安心です。
参考: 買い手保護制度について

eBay自体の保証制度もあります。
PayPalよりも対応期間が短いため、未着時のクレームなどは早めに出す必要があります。

僕は目安として支払い後1か月経って届かない場合は、送り状番号の問い合わせをします。

Hi.
I have not received the record.
Please let me know a tracking number.
Thanks.

トラッキング番号がない発送方法の場合、発送しているか、受け取っているかはお互いの良心に委ねられる部分もあります。

eBayの保証期間の問題もあるので、40日前には返金依頼します。
もちろん、その間に受け取ったらクレームはそこで終わりです。

ちゃんと送っても届かないといわれると、その時点で売り手は不利です。
PayPalは買い手有利にできています。
自分が売り手の場合は、必ずトラッキングできるようにしています。

PayPalの為替手数料について

PayPalについて書こうと思ったのは、こんな記事を読んだからです。
参考: 海外でのクレジットカード支払いで注意すべきこと。(日本円か現地通貨か聞かれたらどちらを選ぶべきなのか)

PayPalで支払う際に、日本円、現地通貨どちらを選択していますか?

あまり気にしないで支払いしている人もいると思います。

結論を先に書くと、上記記事と同じで現地通貨の方がお得です。

日本円で支払う場合の手数料は4%
参考: PayPal 通貨換算、クレジットカードおよびデビットカードの確認および記録請求手数料

現地通貨で購入する場合はクレジットカードの種類にもよりますが、2-3%程度です。
ただし、決済日当日から時間差があるため、急激な為替レートの変動がある場合は、この限りではありません。

ずいぶん昔ですが、実際に日本円と、現地通貨で比較してみたことがあります。
15USDのレコード1枚、送料15USD、つまり30ドルの買い物です。
当時の為替が1USD 123.8円。

日本円で購入の場合は、3854円の表示。
30×123.8=3714 この例だと3.7%くらいの手数料です。

実際に現地通貨で購入した請求は3798円でした。
請求されたタイミングの為替が正確に把握できませんが、同じと仮定すると2.3%くらいの手数料です。

現地通貨決済の場合、決済したタイミングでは正確な金額が分かりません。
カードの明細と照らし合わせての確認です。

このくらいの金額だと大きな差になりませんが、取引金額によっては無視できない数字になると思います。

現地通貨の選択方法

eBayでの決済からの流れで紹介します。
payment
赤枠で囲ったOther Conversion Optionsをクリック

payment2
Bill me in the currency listed on the seller’s invoice.の方にチェックを入れます。

これで設定終了です。

コメント