Henryk Szeryng / Beethoven: Violin Concerto in D major Op. 61

シェリングよりもハイティンク&コンセルトヘボウ管弦楽団に惹かれて入手した1枚。

Henryk Szeryng / Beethoven: Violin Concerto in D major Op. 61
Philips 6500 531
Philips 6500 531
シェリングは評価の高い、バッハ無伴奏のCDを買った時にしっくりと来なかったので、それ以来追いかけていません。この作品は色々なところで評価が高いのと、あまり外れの無いハイティンク指揮だったので購入しました。

本作は同曲通算3度目となる録音。名盤と呼ばれるだけの、模範的な演奏だと思います。僕には無伴奏同様、それ以上の何かは感じませんでした。

録音面ではオケのサウンドステージの広さ、柔らなか響きが上手く収められていて、名録音と呼べる内容だと思います。

蘭フィリップスのオリジナルLPでも入手性し易いので、あえてプレミア化したESOTERICのSACDを買う必要も無いと思います。