Hilary Hahn / Hilary Hahn Plays Bach

PR

有名なハーンのデビュー作です。
録音時は17歳です。この年齢で、とか先入観なしで普通に高い完成度の無伴奏だと思います。

SACD化の時は興味が無くてスルーしましたが、後で買っておけばよかったと今でも後悔しています。ハーンのSACDではこの作品だけ未だに入手できていません。

このレコードも、デジタル録音をいまさらアナログ化か…。しかも高いなあと少し悩みましたが、すぐに廃盤になって後で後悔するのが分かっていましたので入手。
そしてしばらく放置といういつものパターンです。

改めて何回か通しで聴いていますが、昨今のアナログ化の中ではかなり良い仕事をしていると思います。

Hilary Hahn / Hilary Hahn Plays Bach
Sony S80711P

収録内容的には1枚に収められる長さを、余裕のあるカッティングで2枚組としています。
韓国企画のドイツプレス。

ここ何年かのアナログブームで、粗悪なレコードが増えた一方で、このような質の高いレコードも少しずつ増えています。

たぶん本作の96kHz、192Khzなどのハイレゾが出ても、こういう音は出ないと思います。

参考: タワーレコード ヒラリー・ハーン J.S.バッハ: 無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、第3番、ソナタ第3番

コメント