MPDクライアントソフト Soundirok

PC用MPDクライアントソフトはCantataがおすすめです。

※追記: iOS11からMPoDが使えなくなりました。MPoDの代わりとしてSoundirokを紹介しています。メインで使っているMPDクライアント...

MPDのクライアントソフトは、iPhoneのMPoDを使用していました。

多くのUPnPクライアントソフトと比べても操作性は1つ抜けています。MPDの再生がここまで普及した理由の1つはMPoD(MPaD)の存在も大きかったはずです。

自分がiPhoneを使っている大きな理由の1つでもあります。

しかし、MPoDは数年更新されていません。
そして、少し前からアップルストアからダウンロードできなくなりました。この件は海外のフォーラムでも話題になっていました。

原因は、iOS11から32bit動作のアプリが動作できないからです。
当方はまだiOS10のままですが、おそらくiOS11では動かないはずです。

32bitアプリの確認は、
設定 → 一般 → 情報 → Appで確認できます。
App互換性
自分のアプリでは見事にMPoDだけがNGでした。

MPoDが使えなくなるなら、いよいよUPnPクライアントを使うしかないか?
と漠然と思っていたところで新しいMPDクライアントソフトを発見しました。
有料ソフトです。

参考: Soundirok – Daniel Kabel

改善を要する部分も多々あり、MPoDの快適性には遠く及びません。
が、いろいろと期待できる部分もありますので、紹介します。

MPDクライアントソフト Soundirok

この記事を書いている時点のバージョンは2.7です。
iPaD用アプリもありますが、手持ちのiPhone5Sの画面で紹介します。

1. 初期設定

初期設定はMPoDと変わりませんが、参考までに。
volumio2での設定です。

Soundirok初期設定
後述しますが、音源と同じフォルダ内にbooklet.pdfという名前でライナーノーツなどを保存しておけば、選曲の際に見ることができます。

2. 豊富な表示方法

アートワークの表示については、MPoDよりも優れています。

アートワークの表示
サムネイルでも縦横比が維持。MPoDの場合は正方形になってしまいますので、このような縦長のアートワークは引き延ばされていました。

曲の入れ替え、ランダム再生なども問題なく使えます。
音源の拡張子、周波数、ビット数も表示されますが、当方の環境ではWAV、AIFの24ビット音源は32ビット表示になります。

ブックレットの表示
選曲方法は完璧。

任意のアルバムおよび曲を選ぶと、Play Now(今すぐ再生)、Play Next(今聴いている曲の次に再生)、Add to Queue(現在のプレイリストの最後に追加)、Replace Queue(現在のプレイリストに上書き)と選ぶことができます。

加えて、Bookletの表示もできます。アプリ内で開くので便利です。
これに関しては、iPaDの大画面の方が向いている機能だと思います。

3. おすすめの表示モード Journal

ライブラリの表示方法も数パターンから選ぶことができます。
今回はその中でもおすすめのJournalを紹介します。
おすすめの表示モード Journal
ジャンル、アーティスト、アルバム順のいずれかを選ぶことができます。

MPoDの場合は、アーティストはABC順、アルバムはアーティスト名およびアルバム名順にするか選択できました。

Soundirokの場合は、アーティストとアルバムリストを個別設定はできません。
個人的にはアーティストはABC順、アルバムはアルバム名のABC順が好みなので、この点は減点ですね。

アルバム一覧は
Bach: aaa
Bach: bbb
Bach: ccc
という感じで、作曲家から選びたいことが多いので…。

アーティスト情報
アーティスト一覧から任意で選んでみます。今回はTahiti80です。

アーティスト情報2
少しRoonに近いイメージですね。

アーティストのプロフィール、SNSや公式サイトのリンク、類似アーティストの紹介、ライブ情報と続きます。
間違った情報も結構ありますが…、なかなか面白いです。

4. 現状の問題点

ここまでは、素晴らしいソフトにしか見えないと思いますが、実際の問題点を。

I. 挙動が遅い、ソフトが重い

自分が使っているのがiPhone5Sですので、もっとCPUが高いハードウェアで動かすと違った印象もあるかもしれません。

ただ、MPoDやLuminのソフトなどと比べるとかなりストレスを感じます。

iPhoneがかなり熱くなることもありますので、ハードに相当の負荷がかかっている印象です。その分、提示できる情報量は多いので、うまくバランスを取ってもらいたいですね。また、ソフトが落ちることが結構あります。

II. 表示方法

アーティスト順などで並べたときに、右側にインデックスが表示されます。ABCDE…という具合です。これで下までスクロールせずに任意の頭文字に移動できるのですが、日本語のあいうえお…、アイウエオ…に漢字などすべての言語が表示されます。

インデックス表示
左がアーティスト一覧で並べた場合です。
もはやインデックスが小さ過ぎて分かりません。

右のジャズ一覧くらいだと良いのですが…。
画面が大きいiPaDだと違った印象になるのかもしれません。

MPoDの場合は、アルファベット以外のインデックスはAとBの間にまとめられていましたが、その方がベターですね。

また、コンピレーションも個別に全部表示されます。
これも、MPoDのように、Variousでまとめてもらえるとスッキリとしてよいのですが。

機能は十分なので、動作の軽量化ができれば、MPoD越えもできると長い目で期待しています。

この投稿をシェアする

PR