Pisano & Ruff / Under the Blanket

何度かCD化されていると思います。その度スルーしていましたが、紙ジャケSHMCDに釣られて思わず買ってしまいました。

Pisano & Ruff / Under the Blanket
A&M SP4276
SP4276
旧CDは分かりませんが、SHMCDはステレオ感を強調した音作りに感じます。アナログのむっちりとした感じはありません。ただ、曲によってどちらが良いとも言えない感じです。

有名なドリフターのカバーに関してですが、CDで初めて聴いた時に、アナログと比べて音の広がりの違いに戸惑いました。スピーカーのセッティングが決まると、高さ方向に音場が展開されます。

この手の作品はCDでも廃盤になりやすい傾向があります。ソフトロック好きであれば、持っていて損は無いと思います。

コメント