Georg Solti / Mahler: Symphony No. 4

ショルティはシカゴ響とマーラーの全集を録音していますが、これはマーラーの初録音盤です。コンセルトヘボウ管弦楽団。

Georg Solti / Mahler: Symphony No. 4
DECCA SXL2276
sxl2276

マーラーの交響曲は良くいえば壮大、ちょっと大げさなイメージの作品が多い中で、もっとも小規模な作品がこの4番です。

ここでのショルティは、他の4番の演奏と比べても地味で丁寧な印象です。一般的なマーラーのイメージが嫌で受け付けない人にも聴きやすいと思います。

適度なホールトーンと美しい響き、密度感もあり、バランスの良い録音です。