Ernest Ansermet / Stravinsky: Les Noces, Symphony of Psalms

ここまでDECCAのレコードは幾つか紹介していましたが、アンセルメの作品が無いことに気付きました。交響曲では、DECCA=アンセルメと言っても良いと思います。

ファリャの三角帽子等をはじめとするSXL2000番台の作品は高価な物が多いので、揃えるのは大変です。三角帽子は未だにロンドンデッカ盤で我慢しています…。

これは2000番台としては比較的入手がし易いレコードだと思います。

Ernest Ansermet / Stravinsky: Les Noces, Symphony of Psalms
DECCA SXL2277
sxl2277
ストラヴィンスキーの作品を数多く手掛けたアンセルメですが、本作も安定していて、完成度はかなり高いと思います。両者は友好関係にあり、アンセルメが初演を手掛けた作品も多く存在するそうです。アンセルメが1つの基準、見本となって作品が残ってしまうと、後の人は大変だったと思います。

この手の近代、現代音楽は優れた演奏、録音が揃わないと作品の良さが伝わり難いと感じます。本作は決定版ともいえる内容で安心してお勧めできます。