Julius Katchen / Encores

大好きなジュリアス・カッチェンのソロ作品。

Julius Katchen / Encores
DECCA SXL2293
sxl2293

カッチェンのレパートリーの多さは、デッカに残した作品の多さからも分かります。このレコードでもバッハから始まり、ブラームス、ベートーヴェン、リスト、メンデルスゾーン、ショパン、ドビュッシー、ファリャとバラエティに富んだ内容を収録しています。

曲や指揮者を選ばない(ように感じる)で、黙々と仕事をこなす様はリヒテルに共通するものを感じます。リヒテルの伝記を読むと実際に2人は親交があったようです。技巧派であり、肉体的な強さと全体の構成力の高さによる安定感も共通するように感じます。

この作品では、いわゆるヴィルトゥオーソ的な要素よりも、もう少し繊細で内面を表現したような印象です。透明度の高い録音も素晴らしく、SXL2000番代のピアノ作品としても貴重だと思います。カッチェンの作品の中では比較的入手難にあたりますが、他の作品で興味を持った方なら手元において損は無いです。

こんなレコードも有ります。
DECCA SPA110
SPA110

これはデッカの廉価盤にあたるSPAシリーズです。SXLナローバンドと同じ小さい四角のロゴで、レーベル面が青いのが特徴です。

基本的にはSXLシリーズの再発が多いのですが、このSPAシリーズにしかない音源も有ります。

このSPA110は上で紹介したSXL2293と全く同じ内容です。音質は比較すれば無視できない差は有りますが、これだけ聴いている分には普通に良い音ですし、価格も1/10位になると思います。

ちょうどこの次のSPA111というレコードが、このシリーズにしかない音源で、オーディオファイル録音として一部では有名なレコードです。その内、それも紹介します。