Ernest Ansermet / Faure: Pelleas Et Melisande, Debussy: Petite Suite

前回に続きアンセルメの作品です。
やっとED1を入手できました。

Ernest Ansermet / Faure: Pelleas Et Melisande, Debussy: Petite Suite
DECCA SXL2303

アンセルメはロシアものが強い印象がありますが、フランスの作曲家の作品も多く録音しています。
フォーレのペレアスとメリザンド、ペネロープにマスクとベルガマスク、ドビュッシー小組曲を収録。

アンセルメとスイスロマンド管の演奏は、技巧的に優れているかといえば、素人が聴いても厳しいと思うことも結構あります。特にSXL2000番台の作品はどれも高価ですから、無条件で全てを受け入れるほど、(財力も含め)余裕はありません。

実際、春の祭典は手放しました。演奏も録音も今一つな印象に加え、他に決定版といえる演奏が複数あったからです。

ここで収録されているフォーレもよく言えば素朴な、悪く言えば田舎臭い感じはありますが、作品本来の優雅さ、美しさは感じることができますし、オリジナルに限って言えば、音質も悪くないです。味わい深いレコードです。

コメント