Clifford Curzon / Mozart: Piano Concertos No. 23 & 24

モーツァルトを好きなるキッカケとなったのが、ヴァイオリンソナタで言えばズスケ、オルベルツの作品であり、ピアノコンチェルトだと、このカーゾン、ケルテスの作品です。

僕がモーツァルトに抱いているイメージがそのまま音になっています。

Clifford Curzon / Mozart: Piano Concertos No. 23 & 24
DECCA SXL6354
SXL6354
明るくて優しい、そして上品で柔らかなイメージ。
それはそれで素晴らしいのですが、僕は短調での作品に惹かれます。モーツァルトの短調作品は多くないですが、僕が好きになる奏者は、短調の出来栄えで決まっている気がします。