Rafael Fruhbeck de Burgos / Albeniz: Suite espanola

60年代後半のデッカレーベル、ワイドバンドの溝無し、いわゆるED3のレコードでは人気のある作品の1つです。

Rafael Fruhbeck de Burgos / Albeniz: Suite espanola
DECCA SXL6355

行ったことがないので、想像の中のスペインの雰囲気そのまま、色彩感豊かな作品です。
一般的なクラシック作品とは少し趣が違いますが、音楽的にも面白いと思いますし、オーディオ的な聴き応えも十分高いですね。

先日ステレオサウンドのSACDも発売されました。
参考: アルベニス:スペイン組曲(ブルゴス編)(SACD+CD・2枚組) SSHRS-033~034

最初にリリースされた第1弾のクラシック6枚は結局全部入手してしまいましたが、今回はどうしようか悩んでいます。

コメント