Julius Katchen / Prokofiev: Piano Concerto No. 3, Gershwin: Rhapsody in Blue, Ravel: Concerto for Left Hand

カッチェンの協奏曲が大好きで、デッカ、及びロンドンデッカの作品をコツコツと集めています。

この作品はカッチェンの晩年の作品(1969年)であり、僕が一番好きなレコードの1つです。
デッカで言えば、ぎりぎりでラージデッカ(ED3)にあたります。恐らくカッチェンの作品はオリジナルは全てラージデッカになると思います。

Julius Katchen / Prokofiev: Piano Concerto No. 3, Gershwin: Rhapsody in Blue, Ravel: Concerto for Left Hand
DECCA SXL6411
SXL6411
A面にプロコフィエフの3番を、B面にガーシュウィンとラヴェルが収録されています。個人的にはラヴェルは2つの協奏曲を1枚にまとめて欲しかったと思います。この左手もフランソワと並んで愛聴しておりますが、それ以上にプロコフィエフが素晴らしいです。CDでも良く聴いていましたが、LPは別演奏かと思うくらい圧倒的な存在感があります。

僕が持っている作品だけでも、アンセルメ、ショルティ、ケルテス、フェレンチク、ガンバ、ボールト、アルヘンタ等と競演しています。曲のレパートリーも非常に豊富で、どれも情熱的、躍動感のある演奏です。