Kyung-Wha Chung / Bruch: Violin Concerto, Scottish Fantasia

何年くらい前か覚えていませんが、まだクラシックのレコードを購入する前に、オーディオのアナログ誌でレコードのマトリクス番号の違いによる聴き比べの記事が有りました。

当時メインで購入していたレコードは、そもそもが、数百枚単位でしか製造されていない物ばかりだったので初版しかありません。マトリクスの記事を読んでも、あまり興味がありませんでした。

マトリクスの比較で使われていたレコードがこれでした。

Kyung-Wha Chung / Bruch: Violin Concerto, Scottish Fantasia
DECCA SXL6573
DECCA SXL6573
既にその本が手元に無いのでうる覚えですが、同じレコードでマトリクスを比較するというマニアックな企画にも関わらず、比較したマトリクス番号が中途半端だった記憶が有ります。

チョン・キョンファは、英DECCAでは時代的にもED4のリリースばかりです。ヴァイオリン協奏曲の定番ということで、当時売れたのか今でも入手がし易いレコードです。
その内容と合わせてお勧めできる作品です。ケンペのデッカ作品という観点でも楽しめます。

このレコードは10枚以上買いましたが、僕が入手したもので一番若いマトリクスは2W/2Wでした。次が4W/2Wです。1W/1Wは無いのかな、という気がしています。

ちなみに彼女のバッハ無伴奏はとても人気が高く、ED4が初版のレコードとしては入手最難関の1枚だと思います。僕はCDでしか持っていませんが、いつか手に入れたい1枚です。

コメント

  1. periさん、こんにちは。

    この盤は私も好んで聴いています。アナログが入手しやすいとは
    知りませんでした。確かに当時売れた枚数に比例して出回って
    いるはずですね。それにしても10枚もお持ちとは・・・。

  2. peri より:

    横浜のvafanさま
    あくまでも累計の購入枚数ですので、手元に10枚残っている訳ではありません。クラシックのレコードは全てマトリクスを管理してデータベース化しています。
    このレコードは2500円もあれば程度の良い盤を見つけられると思います。無伴奏は桁が1つ増えてもなかなか難しいのでまだ買っていません。
    この差はプレス枚数なのでしょうか?作品の評価としてはそんなに差があるとは思えないのですが…。