Kyung-Wha Chung / Bach: Partita No. 2, Sonata No. 3

1970年代のデッカにおける、いわゆるスモールデッカのレコードの中では最も人気のある作品の1つです。

Kyung-Wha Chung / Bach: Partita No. 2, Sonata No. 3
DECCA SXL6721
SXL6721

チョン・キョンファの作品で、ここまで入手難なレコードは他に無いと思います。当時まだ20代半ばであり、まだ知名度も高く無かった時代のため、プレス枚数が少なかったのかもしれません。

ウィルコミルスカや初期のムローヴァとはまた違ったタイプですが、求心力のある演奏で、強い意志が感じられます。

レコードを入手するまではCDでしか聴いていませんでしたが、この作品は断然アナログの方が良いですね。