とーくばっく ~デジタル・スタジオの話~

僕は演奏も録音もしませんので、その道のプロの話はとても参考になります。

ポップス系の作品を聴いていると、このCDは「録音レベルが高過ぎで音が潰れている」「極端に左右に音を振っている」などはこちらでイメージしやすいですが、どうしてそうなるのかを、もう少し突っ込んで勉強できる本を紹介します。

とーくばっく ~デジタル・スタジオの話~

現在は一般の書店では販売されていないようです。
著者の方から直接購入しました。

参考: 「とーくばっく ~デジタル・スタジオの話~」販売のご案内

自分にとって実用的なのは、レコードをデジタル化するくらいしか該当しませんが、録音の手法を知ることで、その作品がどのような意図で作られたかを考えると違った発見がありそうです。

最終的に44.1k/16bitにする前提でレコードをデジタル化する際に、96k/24bitで録音してからダウンコンバートする場合と、44.1k/16bitで録音するとどちらが良いか?

これについては、自分の経験上と書籍のデータの整合性もとれて安心しました。

基本的なビットレートの話から始まり、32bit floatの再確認もできましたし、漠然としか知らなかったディザリングの意味も学べました。

録音する人には当たり前のことかもしれませんが、個人的にはM/S処理にて位相が回ることが興味深かったです。
ロック系の作品で、センターボーカル、サイドにギターとベースというありがちな構成で、楽器間の音が中抜けしてしまう作品にたまに出会いますが、何故そうなるのか納得できました。

オーディオが好きな人が読んでも面白い本だと思います。

コメント